ビジネス

動画編集の副業もう稼げない?まだ稼げる?今から稼ぐ【3つの戦略】

動画編集の副業で稼げない人。もう稼げない?まだ稼げるの?動画編集で稼ぐにはどうすればいいのかな?

このような質問にお答えします。

✓この記事を読むメリット

・動画編集の副業で今から稼ぐ方法がわかります

・稼ぐスキルアップの3つの戦略がわかります

この記事を書いている私は、2020年から副業を始めました。

私は本業と副業の両立をして働いています。過去に転職→起業→副業(福業)を繰り返しています。常にビジネスチャンスを探しながら生活いしています。

「ひとり社長は副業をはじめて福をよぼう」をテーマに福業情報を発信しています!

✓YouTube版も公開しています

動画編集の副業もう稼げない?まだ稼げる?今から稼ぐ【3つの戦略】

動画でインプットしたい方は、YouTubeからどうぞ

動画編集の副業はもう稼げない?まだ稼げるの?【稼げない人の特徴】

動画編集の副業はもう稼げない?まだ稼げるの?【稼げない人の特徴】

動画編集の副業はもう稼げない?まだ稼げるの?【稼げない人の特徴】

動画編集の副業は、もう稼げないって聞くけどどうなんだろう?

結論、まだまだ稼ぐことができます。

なぜなら動画広告市場がまだまだ伸びているからです。

例えば、初心者でも仕事を受注しやすい環境がそろっているからです。

下記のとおりです。

①クラウドワークス

②ココナラ

③動画編集ディレクター・副業紹介サービス

それぞれ順番に解説します。

①クラウドワークス

仕事を探している人と依頼したい人がつながることができるサービス

②ココナラ

自分のスキル、サービスに値段をつけて売れるのを待つサービス

③動画編集ディレクター・副業紹介サービス

手数料は必要ですが定期的にお仕事を紹介してもらうサービス

なので、まだまだ稼ぐことができます。

よくある質問:稼げない人の特徴は?

動画編集で稼げない人がいるのは、なぜなのでしょう?

結論、スキルアップの努力不足です。

なぜなら、現状維持に甘んじていて高単価を獲得する努力をしていないからです。

例えば、下記のとおりです

①動画編集スキル不足

②編集スピードが遅い

③営業していない

それぞれを順番に解説します。

①動画編集スキル不足

年々動画編集に求められるスキルが上がって来ています。

最低限クライアントが求める基本的な動画編集スキルは身につけておく必要があります。

・カット

・テロップ

・効果音

・BGM

・色調整

・音調整

独学で学ぶ事もできますが、なかなかお仕事が受注できない方は、動画編集の基本スキルだけでもスクールで学ぶ必要があります。

まだの方は、コチラを参考にしてください

リーズナブルで案件サポート(初心者向け)

・クリエイターズジャパン:1日1時間ゼロから1ヶ月で動画編集マスター+案件サポート付

・ムービーハックス:リーズナブルで評判がよく+案件を紹介してくれる

将来的に本格的に動画制作向き(大手スクール)

・デジタルハリウッドSTUDIO BY LIG:動画マーケティング、映像加工(上級スキル)

・ヒューマンアカデミー:副業、転職の実績多数。ハイクオリティな動画作成が学べます

②編集スピードが遅い

結論、効率的に編集スピードを上げることが重要で。

なぜなら、時給単価が上がりまくるからです。

 

例えば、動画編集者2名を比較してみると

・Aさん 1本動画編集5時間

・Bさん 1本動画編集4時間

1本動画編集あたりの単価は、6000円とします。

・Aさん 時給は1200円

・Bさん 時給は1500円

時給が300円も違ってきます。

なので、どんどん経験をつんで編集スピードを上げることが重要です。

③営業していない

結論、案件をどんどん申し込むことが大切です。

なぜなら、有料案件をこなすことでスキルアップの速度が上がります。

例えば、まだまだ初心者だと思って自信がなく案件を応募しない、もしくは数が少ない場合があります。

逆に初心者のうちはガツガツ応募して経験を積むことが大切です。

なので、このような原因をクリアできれば稼ぐことができます。

動画編集の副業で稼げない人!今から始める稼ぐための【3つの戦略】

動画編集の副業で稼げない人!今から始める稼ぐための【3つの戦略】

動画編集の副業で稼げない人!今から始める稼ぐための【3つの戦略】

なかなか動画編集の副業で稼げません!どうすればいいのかな?

結論、稼ぐスキルアップをして単価を上げることです。

なぜなら、低スキルの動画編集者は飽和状態です。

差別化が必要です。

例えば、下記のとおりです。

①動画編集スキルを上げる

②Webマーケティング

③ディレクター

それぞれを順番に解説します。

①動画編集スキルを上げる

結果、高単価の案件をねらうことができます。

なぜなら、企業の動画広告など需要が増えているからです。

例えば、単純な

・カット

・テロップ入れ

・効果音

だけではなくて

・エフェクト

・ポートフォリオ

・アニメーション

・動画広告

ができるようになると直案件やリピート案件をもらうことも増えてきます。

リピート案件は、編集の内容をテンプレート化することができ編集スピードも上がります。

しっかりとリピートしてもらい高単価案件につなげましょう。

②Webマーケティング

結論、クライアントの目的は動画編集だけではないからです。

なぜなら、商品・サービスの販売やブランディングが目的なのです。

例えば、動画編集+Webマーケティングができると動画広告の運用もまかせてもらえることがあります。

広告主の方は、動画広告の運用方法を知らない場合も多いからです。

よって単価が上がります。

③ディレクター

結果、仕事を他の人に振り分けることで、案件数をこなすことができます。

なぜなら、動画編集作業を他の人にまかせて、メインの仕事は案件の受注・発注・管理することになるからです。

例えば、1人では抱えきれないくらい動画編集の仕事が増えすぎて、手詰まりになってくるとSNSなどで動画編集者を募集して作業をお願いします。

作業完了した動画のチェックや受注・発注量を増やしていくだけで単価は上がっていきます。

結論、単価を上げるための稼ぐスキルアップが必要です。

まとめ

動画編集の副業もう稼げない?まだ稼げる?今から稼ぐ【3つの戦略】

動画編集の副業もう稼げない?まだ稼げる?今から稼ぐ【3つの戦略】について説明してきました。

動画編集の副業はもう稼げない?まだ稼げるの?【稼げない人の特徴】

・動画編集の副業で稼げない人!今から始める稼ぐための【3つの戦略】

結論、差別化をすることで稼げます。

なぜなら、低スキルの動画編集者は飽和状態だからです。

・動画編集スキル

・Webマーケティング

・ディレクター

3つのスキルアップをすることが、今から動画編集で稼いでいく戦略です。

ABOUT ME
にっしー先生
大学時代に選手を目指してサーフィン・スノボードに明け暮れる→経験をいかしてスポーツショップに勤務→サーフトリップにドハマリして、世界や日本を旅してまわる→自身の腰痛治療でお世話になっていた整体の先生の引退話を機に、弟子入り→10年間修行→独立開院8年目→オンライントレーナーとして頑張りつつ、オンラインインストラクターを養成する活動中