壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する3つの方法【手軽にできる】

壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する3つの方法【手軽にできる】 姿勢

壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する3つの方法【手軽にできる】手軽に姿勢を矯正する方法はないでしょうか?たとえば壁とか?

トレーニングして姿勢を矯正したいですが、時間もないし、

やり方がわかりません

手軽に短時間でできるトレーニング方法はないでしょうか?

 

こんにちは、姿勢クリエイター☆西村です

先日僕は、こんなツィートをしました。

 

【自宅で手軽にできる】壁を使った、猫背を正しい姿勢に矯正する方法をご紹介します
①壁を使った、猫背のタイプ別チェック方法
②正しい姿勢を意識してキープする
③正しい姿勢になった、未来のメリットを意識してモチベーションをキープする
④壁を使った、ストレッチ&トレーニング
【自宅で手軽にできる】壁を使った、猫背を正しい姿勢に矯正するストレッチ&トレーニング動画アリ

 

僕は、スポーツショップ勤務後 → 整骨院 開院7年目になります

 

✅本記事の内容

 

壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する方法【チェック編】
壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する【意識とメリット】
壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する【ストレッチ&トレーニング】

壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する方法【チェック編】

壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する方法【チェック編】壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する方法【チェック編】

【猫背チェック】

まずは、壁の前に自然体で立ちます

頭・肩・おしり・かかとを壁につけてください

  1. 正常→ 頭・肩・おしり・かかとが自然と壁につく                                         肩とおしりの間の壁との隙間が手のひら1枚分位入る
  2. ストレートネック猫背 → 頭が力まないと離れてきて、首が前にでてくる
  3. 円背猫背 → 肩(肩甲骨)が壁から離れてきて、肩とおしりの間の壁との隙間が手のひらが入らない
  4. 反り腰猫背 → 肩とおしりの間の壁との隙間が手のひら1枚以上入る
  5. 巻き肩猫背 → 肩と壁との隙間に1枚以上入る

 

どのタイプの猫背に当てはまったでしょうか?

 

長時間パソコンやスマホをすることで、下を向くことや前のめりになる時間が増えることで

筋肉が固まったり、骨盤が歪んだり、内臓が圧迫されることによって

血流が悪くなり、肩こりや腰痛を起こしてしまいます。

肥満やむくみなど美容にも悪影響を起こしてしまいます。

まずは正しい姿勢を意識してキープすることからはじめましょう。

 

猫背のタイプに合わせた治療やトレーニングが必要です。

間違ったやり方をすることで、かえって悪化することもありますので、

わからない方は専門家に相談しましょう

 

壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する【意識とメリット】

壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する【意識とメリット】壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する【意識とメリット】

正しい姿勢とは?

横から見て → 耳・肩・腰・足くるぶしが一直線

正面から見て→ 肩の高さが同じ

 

簡単にチェックできるポイントをご紹介しました

ぜひ、正しい姿勢を意識してキープしてみましょう

メリット

10歳程若く見られる

姿勢が良いと背すじが伸び、若々し印象になります

首周りがスッキリして、小顔効果

ファッションも楽しくなる

頭痛・肩こり・腰痛 軽減

背すじのS字ラインが自然な状態に整い

筋肉や骨の負担が正常に戻り筋肉バランスが良くなる

血流も上がり、老廃物が溜まりにくい

太りにくい・内臓機能が良くなる

背骨の負担が減ると神経伝達が良くなり、体の動きも良くなります。

猫背によって圧迫されていた内臓機能も良くなり、基礎代謝が上がるので太りにくくなる

壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する【ストレッチ&トレーニング】

壁を使って、猫背を正しい姿勢に矯正する【ストレッチ&トレーニング】

準備中 m(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました