産後の腰痛対策!理想的な寝方と避けるべき寝方【仰向けがベスト!】

産後の腰痛対策!理想的な寝方と避けるべき寝方【仰向けがベスト!】 体の知識

産後の腰痛がつらいです

短時間でぐっすり眠りたいです

理想的な寝方は何でしょうか?

こんにちは、姿勢クリエイター@西村です
先日、僕はこんなツィートをしました

産後すぐは、育児でなかなか睡眠時間が取れません
短時間でぐっすりと眠るためにも寝方に気をつけましょう
1位仰向け
2位横向き
3位うつ伏せ

少し意識するだけでも体が楽になりますので、ぜひやってみてください

 

僕は、スポーツショップ勤務後 → 整骨院 開院7年目になります

 

産後は、授乳、おむつの交換など負担がかかることが増え、腰痛に悩まされることが増えてきます。

産後は、骨盤ベルト・体操も大切ですが、まずは寝方がとても大切になってきます。

スマホなどを控えて短時間でぐっすりと寝る工夫が大切です。

骨盤に負担をかけない寝方についてご説明していきます。

 

✅本記事では、

産後の腰痛対策!理想的な寝方と避けるべき寝方【仰向けがベスト!】
産後の腰痛対策!避けるべき寝方【横向き・うつ伏せ】
産後の腰痛対策!理想的な寝方を手に入れる【〇〇分ストレッチ】

産後の腰痛対策!理想的な寝方と避けるべき寝方【仰向けがベスト!】

産後の腰痛対策!理想的な寝方と避けるべき寝方【仰向けがベスト!】

産後の腰痛対策!理想的な寝方と避けるべき寝方【仰向けがベスト!】

 

産後の骨盤はどうなっているの?

妊娠中、お腹が大きくなるにつれて骨盤が前に倒れていきます(反り腰)

産後は出産のために、お腹、骨盤まわりの筋肉が緩くなります。

 

育児 + 反り腰 + 骨盤の緩み

腰痛を起こしやすい状態が数年続きます

 

産後骨盤は、2ヶ月〜3ヶ月位から閉じ始めます。動作や姿勢で骨盤への負担が増えると

骨盤が綺麗に閉じずに、内蔵不調や体のスタイルが崩れてしまいます。

骨盤を整えるためにも寝方が重要になってきます。

仰向けがベスト

仰向けは、腰に負担がかからない歪みにくい姿勢です。

産後は、反り腰のクセが残った状態なので、仰向けに寝ていると違和感を感じます。

反った腰をサポートするために、腰や膝裏にタオルやクッションを敷いてください。

寝返りもうちやすい様に工夫しましょう。

 

こんな人におすすめ

  • 胸が張る
  • 腰痛
  • 骨盤痛

産後の腰痛対策!避けるべき寝方【横向き・うつ伏せ】

産後の腰痛対策!避けるべき寝方【横向き・うつ伏せ】

産後の腰痛対策!避けるべき寝方【横向き・うつ伏せ】

横向き

横向きで寝ると骨盤の片側に体重がかかるため、バランスが悪くなり歪みやすくなります。

腰痛を起こしやすい姿勢なので、おすすめできません。

寝ながら授乳する場合は、脚にクッションなどをはさみ、寝かしつけ後は仰向けで寝るようにしてください。

恥骨が痛い場合は、仰向けになると子宮が負担をかけるため膝を曲げて横向きで、恥骨への負担をかけないようにしましょう。

うつ伏せ

うつ伏せに寝ると楽だと感じる方もいますが、胸やお腹を圧迫してしまい、母乳や腰にも負担をかけ

てしまうため避けてください。

産後の腰痛対策!理想的な寝方を手に入れる【〇〇分ストレッチ】

産後の腰痛対策!理想的な寝方を手に入れる【〇〇分ストレッチ】

産後の腰痛対策!理想的な寝方を手に入れる【〇〇分ストレッチ】

只今、準備中ですm(_ _)m

 

✔︎ 美・姿勢改善 3ポイント

1・美しい姿勢を意識する
2・ストレッチ&トレーニングで柔軟な筋肉をつける
3・悩んだらすぐに専門家に相談する

を意識することで、あなたも美しい姿勢を手に入れましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました